ペットローン審査甘いって本当?今すぐ必要なときに借りられる?

ペットショップのコジマでペットローンを利用する場合は信販会社のショッピングローンを利用することになります。

コジマと提携している信販会社にはジャックスやオリコなどがありますが、ほとんどの会社ではペットローンはなく、目的別ローンとしてペットにも利用できるように対応しているというものです。

目的別ローンとは使途が限られている反面、低金利で融資可能なローンのことで代表的なものとして、マイカーローンなどが挙げられます。

オリコだと多目的プランというサービス名で最高300万円まで借りることができます。

セディナは総合目的ローンという商品で金利は7.8%から11.8%で最大融資額は300万円となっています。

ペットローンを利用してペットを飼いたいんだけど年収が低くて審査に通るか不安など最初の一歩がなかなか...という人も多いのではないでしょうか?ペットローンには「安定かつ継続した収入があること」とされていることが大半で具体的に年収制限が設けられているのはイオン銀行くらいではないでしょうか。

ペットローンでは収入があればアルバイトなどの非正規でも融資可能というローンが多く収入よりも安定かつ継続して勤務しているということの方が重要視されているようです。

もちろん、年収は多いに越したことはありませんが勤続年数が長い方が審査は有利になるでしょう。

他にも、過去にローンの滞納がないか?自己破産歴がないか?など、返済状況や金融事故歴のほうが問題になりますから、年収ばかりに気をとられていてはいけません。

ペットローンとはペットショップで動物を買う場合に利用可能なローンです。

柴犬でも13万円から28万円が相場となっていますしトイプードルやロングチワワなどの人気犬種は20万円から38万円程度になります。

アメリカンショートヘアーやスコティッシュフォールドなど人気の猫種だと、20万円から28万円が相場となっていてブリティッシュショートヘアーの場合だと21万円から38万円となっています。

血統書の有無でも価格が大きく変わりますのでペットショップで犬や猫を飼う場合は日常生活の中では決して安い買い物ではないのです。

特にペット選びというのはビビッときた子が運命の出会いですからすぐに連れて帰るためにはペットローンを有効に利用したいですね。

ペットローンというローンを取り扱っている信販会社や銀行は数多くありますがいずれのローンでも返済する際には利息必要です。

一般的に金利が低いとされている順だと、銀行、信販会社、消費者金融という並びになり金利が低くなるにつれ審査の厳しさが上がります。

銀行ペットローンの金利で比較してみると、イオン銀行は年3.8%から年8.8%、スルガ銀行の場合は年2.5%から年7.5%となっていますがオリコの多目的プランの金利はというと、年6.0%から13.2%ですから銀行よりも高い金利となっています。

一方、消費者金融のプロミスの場合、ペットローンではなく目的ローンという商品になり金利は年6.3%から年16.5%と一番高くなっています。

借入可能な限度額はイオン銀行で700万円、スルガ銀行は800万円なのに対しオリコやプロミスなどの消費者金融だと300万円程度です。

関東以北の人にはなじみ深いカインズホームでは生体の販売はあまり見かけないかもしれません。

しかし、北海道と東北地方を除き、関東地方を中心とした日本各地に「ペッツワン」というペットショップが併設されてる場合があります。

ペッツワンのペットはカインズホームのサイトから見ることができ犬、猫、鳥・小動物・観賞魚といったカテゴリー別に検索することができます。

特に犬の販売に力を入れているようでトップページには1ヶ月以内の新着犬がランダムに表示されていますのでビビビと直感する犬に会えるかもしれません。

運命の子を見つけたらすぐに連れて帰りたいと思うはずですので資金に不安を感じたらペットローンを使うのも有効な方法です。

オリコにはカードローンや目的別ローン、キャッシングなどがありますが特に車を購入する際に利用するオートローンは業界のトップをシェアしていることでも有名です。

しかし、オリコにはペットローンはなく、旅行資金や歯の治療などに利用できる多目的プランを利用することになります。

ですから、ペットショップがオリコと提携していれば多目的ローンの申込書に記入することになりますがオリコの審査は非常にスピーディなので審査をクリアできればすぐに契約することができます。

返済利率は6.0%から13.2%、借入可能額は10万円から300万円までと高額で担保や保証人は不要です。

気を付けなければいけない点として、オリコから借りるお金が50万円を超える場合やほかの金融機関との借入れの合計が100万円を超えてしまうと、所得証明書が必要になります。

セディナにはペットローンという商品はないのですが総合目的ローンという商品を利用することができます。

セディナの総合目的ローンは、大きな額の資金が必要になったときに利用出来るというローンです。

ペットショップで発行される見積書や契約書があれば動物の購入にも利用できます。

ローンを組むには満20歳以上であることや、安定継続した収入があり、原則として勤続年数が1年以上の人と規定されています。

貸付金利は7.8%から11.8%と低めに設定となっており、担保や保証人不要で返済期間は最長5年となっています。

ペットローンは生き物(動物)を購入するためのローンですが借入には変わりませんので一般のローン契約を結ぶことに変わりはありません。

よって、ローン審査を受けて承認されないと気に入った子を見つけてもペットローンを利用することはできません。

ペットローンに落ちたという話をよく耳にしますが審査に落ちたという人は、何らかの原因が必ずあります。

参照:http://www.editormyself.com/%E3%83%9A%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3%E5%AF%A9%E6%9F%BB/

過去に自己破産をしていたりそういう過去がある人は信用情報に問題があります。

その他にも、数社からカードローンを借りているとか申込時に通りやすくなるよう嘘の申告があった場合は問題外です。

銀行や消費者金融でローンを組むことができますが消費者金融の場合は収入の1/3を超える借り入れを禁止している総量規制が適用されます。

パートで収入を得ている主婦であれば、年収の1/3以内であれば融資を受けることができますが専業主婦の場合は年収がないので借入はできません。

銀行のローンであれば専業主婦でも利用することができますが、ペットローンに関しては、必ずしも借りられるというわけではありません。

スルガ銀行の場合だと「安定した収入がある方」という条件がついており条件によっては収入確認資料を提出しなければいけません。

イオン銀行にもペットローンはありますが、収入のない人は申し込めませんから専業主婦の方は、働いている旦那さんの名義でローンを組むことになります。

ペットローンというローンがない銀行や消費者金融などは目的別ローンなど、使い道を制限し金利を抑えた商品を提供しています。

年利率は、銀行のペットローンが一番低く、次いで信販会社のペットローン、消費者金融となっていますが低金利なローンほど審査の難易度があがると言われています。

同じ金融機関でもカードローンのように使い道が限定されないフリーローンもありますが、ペットローンのように使途を限定することにより低金利にしたローンの方が審査は厳しいと言われています。

つまり銀行のペットローンはこの中で一番審査が厳しいことが予想されますから審査に通らないという人は、同行のカードローンなら通るかもしれません。

また、銀行カードローンは信販会社のペットローンの審査基準は同程度という話もありますから2つの金利を比べてみて、金利が低いほうに申し込むのも良いでしょう。

非正規雇用の人(アルバイトなど)がペットローンを組む場合には制限を受けることがありますから注意してください。

どの金融機関でも「安定かつ継続した収入」が条件になりますので勤務期間は最低でも継続1年以上はないと厳しいでしょう。

雇用形態や年収については、イオン銀行では前年度年収が200万円以上という条件がありますがスルガ銀行の場合は年収制限はなく、アルバイトでも申し込むことができます。

信販会社ではオリコが使途にペット購入費を認めている多目的プランというのがありますがこちらも満20歳以上かつ、安定した収入がある人であれば、アルバイトでもOKです。

消費者金融にはペットローンというローンの提供はされていませんがプロミスの目的ローンなら、収入の1/3以内ならアルバイトでも融資を受けることができます。

楽天市場や銀行で有名な楽天ですがペットローンと言う商品は取り扱っていません。

楽天銀行には使途が自由なスーパーローンというカードローンがありますがその他には目的型ローンとして、教育ローン等と言ったローンがあります。

通常、銀行の目的型ローンは使途を限定するだけで内容に関しての規定はありませんが楽天銀行の場合はブライダルローンはブライダル専用というように使い道も限定されています。

楽天銀行には自動車ローンもあるのですが自動車ローンは目的型ローンではなく楽天スーパーローンでの対応になります。

楽天銀行では、ブライダル、トラベル、教育を除き、その他のローンは通常のカードローンでの融資になりますのでペットローンにこだわらなくて大丈夫です。

ペットショップでペットを購入する際にローンを組む場合、頭金を納めることをおすすめします。

融資金額が少ないほど審査のハードルも下がりますからペットローンに申し込みやすくなりますよね。

頭金は多ければ多いに越したことはありませんが頭金の金額は自分で設定することができます。

ただし、犬や猫の場合はその子以外に狂犬病やワクチンなど別途費用が数万円かかりますから手持ちのお金を全て頭金にしてしまうのは避けましょう。

別途かかる費用としては首輪やリード、餌やペットシーツなどといったものも必要になりますし小屋やケージを含めると数万円はかかることを念頭に入れておきましょう。

ペットショップにいる動物は数10万円と高額なので現金で支払う人はあまりいないかと思います。

ペットショップも売れなければ商売になりませんから信販会社と提携してローンを組めるようにしているショップが多いです。

ショッピングローンというのは購入代金を信販会社が立て替えて支払い購入者は代金を信販会社へ利子をつけて分割払いで返済していくことになります。

クレジットカードと同じだと思われがちですがショッピングローンというのはペットならペットだけがローン対象となるローンです。

ペットショップで申込書に記入するペットローンもショッピングローンなのでカードが発行されることはありませんし追加融資も受けられません。

住宅ローンを組む際に審査があるようにペットローンでも審査をクリアする必要があります。

ペットローンのある金融機関には銀行や信販会社などがありますが審査が厳しくハードルが高いのは銀行のペットローンです。

銀行のペットローンはペットショップで提供している信販会社のローンよりも低金利なため人気がありますが低金利であればあるほど審査が厳しくなるというのはローン審査の常識です。

返済能力がある人であれば安心して貸すことができるのでその見返りとして低金利で貸してあげますよという事なのです。

審査の難易度については銀行のペットローンが一番厳しくその次は信販会社のペットローンで銀行のカードローン並みの厳しさと言われています。